ワーキングホリデーを使って日本へ

[From Novemberber Issue 2014]

Ada TSO
“I came to Japan on a working holiday scheme and I’m enjoying working and traveling,” says English language teacher Ada TSO. “I’d recommend working holidays to people who’ve just graduated from college and to those who want to start a completely new life. I myself quit a job to come to Japan because I wanted to live and work here while I was still young.”
Ada was born in Hong Kong and grew up in New Zealand. “Every day I communicated in Cantonese and Mandarin with my family and Chinese immigrant neighbors, while speaking English at school,” she recalls. “When I was a child, my older brother often watched Japanese cartoons translated into Cantonese and I enjoyed ‘Doraemon’ and other programs with him. That’s how I came to be interested in Japanese anime and manga. I love ‘One Piece,’” she says with a smile.
Ada took Japanese language courses in high school and university. While still in university, she came to Japan on an exchange program and studied at Sophia University for half a year. “It was a marvelous experience,” she says nostalgically. “So many Japanese students wanted to be friends with foreigners. We traveled a lot together. Some of them came all the way to New Zealand to visit after I returned home.”
After graduating from university, Ada worked for a radio station in Auckland. “I worked as a news reporter and also as a moderator in public debates before elections.” She left that job after two years and returned to Japan for a year.
“It’s a pity that because I teach English, I don’t have much opportunity to speak Japanese,” she says with a wry smile. She doesn’t attend a Japanese language school. “That’s why, when I get the chance to speak Japanese, I try practice my conversation as much as possible. On my days off, I memorize grammar and words with study-aid books. Unlike my student days, I now work full-time and it’s hard to maintain my motivation for studying. To spur myself on, I’ve made a goal of passing the N2 grade (of the Japanese Language Proficiency Test) before the end of this stay in Japan.”
Ada sometimes works as a narrator in English and Cantonese. Most companies, however, don’t want to hire foreigners with a working holiday visa. “That’s why the majority of people here on a working visa have no choice but to become English teachers,” Ada says regretfully. “People who want to improve their career prospects, would do better to obtain a working visa by finding a Japanese employer before entering Japan,” she says.
“Prices are high in Japan, but there are ways to save money. I found this site called tokyocheapo.com and discovered there were cheap shops like 100-yen shops and Matsuya,” says Ada. She now lives in a shared house to save on her rent. “The lower cost isn’t the only benefit of a shared house. You also get to know people from different countries, so you can make friends to go sightseeing with around Japan.”
Ada visits cafes in her free time. “For me, the ideal confectionary does not only taste good, but looks good and also smells good. I’m researching exceptional confectionary by taking photographs. After returning to New Zealand, I want to work and save money in order to have a cafe of my own one day. I think the experience of tasting sweets and green tea in Japan will be useful then,” she says.
Text: SAZAKI Ryo[2014年11月号掲載記事]

エレダ・ソさん
「ワーキングホリデーという制度を使って日本へ来て、仕事と旅行を楽しんでいます」と英語教師のエイダ・ソさんは言います。「ワーホリは、大学を卒業したばかりの人や、これまでの生活をがらりと変えたい人にお勧めの制度です。私自身は、まだ若いうちに日本で生活したり働いたりしたかったので、仕事を辞めて来日しました」。
エイダさんは香港生まれ、ニュージーランド育ちです。「家族や、近所に住んでいる中国系移民の人たちとは広東語や北京語でコミュニケーションをとり、学校では英語を話す生活でした」と振り返ります。「子どものとき、広東語に訳された日本のアニメを兄がよく見ていて、私も『ドラえもん』などを一緒に楽しんでいました。それで日本のアニメやまんがに興味を持つようになりました。『ワンピース』が大好きです」とほほえみます。
エイダさんは高校と大学で日本語の授業をとりました。大学のときには交換留学で日本へ来て、半年間上智大学で勉強しました。「すばらしい体験でした」と懐かしがります。「外国人と友達になりたい日本人学生がおおぜいいて、みんなでよく一緒に旅行しました。その中の何人かは私の帰国後、はるばるニュージーランドまで訪ねてきてくれました」。
エイダさんは大学卒業後、オークランドでラジオ局に勤務しました。「ニュースのレポーターをしたり、選挙のときには公開討論の司会もしました」。そして2年後に退職して、1年間の予定で来日しました。
「英語の教師なので日本語を話す機会が少ないのが残念です」とエイダさんは苦笑します。日本語学校へは通っていません。「だからこそ日本語で話すときには、できるだけたくさん会話して練習するようにしています。休日には参考書を使って文法や単語を覚えています。学生時代と違って社会人の今は、勉強のモチベーションを維持するのが大変です。『今回の日本滞在の間にN2に合格する』という目標を掲げてやる気を高めています」。
エイダさんはときどき英語や広東語のナレーションの仕事をしています。しかしほとんどの企業はワーホリ・ビザの外国人を雇用したがりません。「だからワーホリで来た人はたいてい語学教師になるしかないんです」とエイダさんは残念がります。「自分のキャリアを磨きたい人は、入国前に雇ってくれる日本企業を探して就労ビザをとった方がいいです」と言います。
「日本は物価が高いですが、お金を節約する方法はあります。私はtokyocheapo.comというサイトを見て、100円ショップや松屋など安いお店があることを知りました」とエイダさん。現在はシェアハウスに住んで家賃の負担を軽くしています。「シェアハウスのメリットは安いだけではありません。いろいろな国から来た人と知り合えるので、日本国内を一緒に観光する友達を見つけることもできます」。
エイダさんは、暇なときにはカフェめぐりをしています。「理想のスイーツとは、味だけでなく見た目や香りもいいものだと思います。すばらしいスイーツは写真を撮って研究しています。ニュージーランドへ帰ったら働いてお金を貯めて、いつか自分のカフェを持ちたいんです。日本でスイーツや緑茶を味わった経験は、そのとき役に立つと思います」と話します。
文:砂崎良

Leave a Reply