創業1世紀を迎える光学機器のパイオニア

[From March Issue 2015]
201503-8
Nikon
Founded in 1917, Nikon Corporation (Minato City, Tokyo Prefecture) is a world-class manufacturer of optical devices. It was founded to manufacture optical products which could not be imported due to the ramifications of World War I and an investment by IWASAKI Koyata, President of Mitsubishi Limited Partnership made it possible to merge three companies that respectively made gauges, glass, and lenses. When it was established, the company name was Nippon Kogaku K.K.
Nikon was originally the name of a small camera Nippon Kogaku K.K. launched in 1948. In the planning stages the camera had initially been called the Nikolette, a name derived from Nikko, an abbreviation of Nippon Kogaku. The idea was revisited, however, because many in the company felt that “Nikolette would be too weak a name for a future core product.” Then, to make the name sound stronger, ‘n’ was attached to the end of Nikko and thus Nikon was used.
There is an anecdote concerning the company name. At a ceremony to mark the twinning of Tokyo and Paris, then president FUKUOKA Shigetada introduced himself to the mayor of Paris as “Fukuoka from Nippon Kogaku K.K.,” but the mayor looked baffled. When his secretary informed him that the company made Nikon cameras the mayor answered in a friendly tone, “I know Nikon very well.”
The product name had become more famous than the company name. The company name was changed to Nikon in 1988 at the suggestion of insiders who believed Nikon was already an internationally well-known brand with a reputation for reliability.
Nikon cameras and “NIKKOR” interchangeable lenses are so reliable that they are used by the majority of media companies in and outside Japan. When the Korean War broke out in 1950, photojournalist David Douglas DUNCAN took pictures with NIKKOR lenses. Those pictures were featured in the American photo magazine “Life.” The sharpness of these pictures created quite a stir in the magazine’s editorial department in New York. At the same time the New York Times wrote about Nikon’s high quality.
Nikon products are also used in space. Designed to NASA specifications, in 1971, the “Nikon Photomic FTN” was used on the Apollo 15 mission. Since then, Nikon has long been supplying cameras and interchangeable lenses to NASA. WAKATA Koichi, the first Japanese commander of the International Space Station (ISS) who returned to Earth in May 2014, used a “D4” to take pictures of space and the Earth.
Today, with an emphasis on precision equipment, imaging and instruments, the company has diversified. Its focus is not only on cameras, but also on the development of industrial products such as semiconductor/FPD (flat panel display) lithography systems, microscopes, and measuring instruments. Considered the most precise machines in history, semiconductor lithography systems make IC (integrated circuits) which are an integral part in all electronic devices. Nikon is beginning to apply its core technologies – namely optics and precision engineering – in the fields of health and medicine.
Nikon Corporation
Text: ITO Koichi[2015年3月号掲載記事]
201503-8
ニコン
株式会社ニコン(東京都港区)は1917年に設立された、世界を代表する光学機器メーカーです。第一次世界大戦の影響で輸入できなくなった光学製品を作るため、三菱合資会社社長、岩崎小彌太さんの出資で、計器、ガラス、レンズ関係の3社が統合して生まれました。設立時の社名は日本光学工業株式会社です。
ニコンという名前はもともと、日本光学工業が1948年に発売した小型カメラのブランド名でした。当初は日本光学の略称である日光(ニッコー)にちなんだニコレットという名前を付ける準備をしていました。しかし「将来の主力製品となるべき商品の名前としては弱い」という意見が社内でたくさん出たため、考え直すことになりました。そして、ニッコーの後にnを付けて言葉の響きを強くしたニコンが採用されることになりました。
会社名についてのエピソードがあります。東京とパリが姉妹都市になったときの式典で、当時の社長だった福岡成忠さんが「日本光学工業の福岡です」とパリ市長に挨拶したとき、市長は首をかしげました。市長の秘書がニコンを作っている会社であることを教えると、「ニコンならよく知っている」と親しげに話しかけてきたといいます。
社名よりも製品名のほうが有名になっていたのです。すでに国際的に通用し、信頼度も高いニコンの方が良いとの社内の意見により、1988年に社名をニコンに変更しました。
ニコンのカメラと交換レンズ「ニッコール」は信頼性が高く、国内外の報道機関のほとんどが採用しています。1950年に始まった朝鮮戦争のとき、写真家のデビッド・ダグラス・ダンカンがニッコールで撮影。その写真がアメリカの写真誌「ライフ」に掲載されました。ニューヨークの編集部では、どうしたらこんなにシャープな写真が取れるのだろうと大騒ぎになりました。性能の高さは、当時のニューヨーク・タイムズで報じられました。
ニコン製品は宇宙でも活躍しています。1971年にはアポロ15号でNASA仕様の「Nikon Photomic FTN」が使われました。これを皮切りに、ニコンは長年にわたってNASAにカメラと交換レンズを納入しています。日本人初の宇宙ステーション(ISS)船長を務め、2014年5月に地球に帰還した若田光一さんが、「D4」を使って宇宙空間や地球を撮影しました。
現在は精機事業と映像事業、インストルメンツ事業を中心として事業領域を広げています。カメラばかりでなく、半導体・FPD(フラットパネルディスプレイ)露光装置や顕微鏡、測定機など、産業分野の製品開発も重視しています。半導体露光装置は史上最も精密な機械と呼ばれ、身の回りにある電子機器に欠かせないIC(集積回路)を製造します。また、ニコンの核である光利用技術や精密技術を健康・医療分野に生かし始めています。
株式会社ニコン
文:伊藤公一

Leave a Reply