「絵心なしでもマンガが描ける」ソフトの可能性

[From July Issue 2011]

TANAKA Keiichi

For those who’d love to draw manga, but aren’t very good at it, the software package “Comipo!,” released in December 2010, is a dream come true. More and more books related to this topic are being published. In April, the software won the Excellent New Technology/New Product Award for Small and Medium-sized Businesses for its innovation. It’s the talk of the town.

Web Technology Corp’s TANAKA Keiichi who planned and produced this software, is also a professional cartoonist who’s created five manga series for magazines. These days more and more cartoonists produce their work on computers. But Tanaka is a member of the old school and prefers to draw manga by hand.

The reason why Tanaka created Comipo! was that he saw that images and speech bubbles are the basic components of manga. “What cannot be communicated with words alone can be understood immediately with images and speech bubbles. Until now, only those who had talent for drawing had that option.” So they developed software with built-in images and frames allowing the user the freedom to create the rest.

Comipo! is very simple to use. First you choose a layout and put characters in it. That’s all. Then you make them pose, change their facial expressions and type in the speech bubbles. The main characters are good-looking girls, but you can “transform” them into, say, old women by changing their hair-do and adding wrinkles. Since the characters are 3D models, you have the freedom to change the point of view; it’s fun to feel as if you are choosing a camera angle for a movie shoot.

When this software was released, other cartoonists gave it a chilly reception. They were afraid of the increased competition and they thought cartoonists should create their own characters. Editors at manga publications believe that someday Comipo! manga will be submitted to their magazines. But they worry whether these easy to create images can be called manga.

However, Tanaka feels this type of reaction is similar to when digital music first came on the scene. Some complained that sounds made without real musical instruments couldn’t be considered music. “Hand-drawn manga and those created by Comipo! have completely different merits. Hand-drawn manga will still be around even if Comipo! becomes the norm in the future.”

Because of its capacity to illustrate points visually along with speech bubbles, Comipo! is used for business applications such as presentations and product explanations. To revitalize the local economy, the city of Miyoshi in Hiroshima Prefecture used this software on its yuzu-ponzu (citrus-based sauce) packaging. Based on the philosophy that Comipo! is just a tool. Each work will have a personal touch despite the similarity of images and the copyright of the images created using Comipo! belongs to the creator entirely.

The scenes are limited basically to schools and the characters are mainly good-looking girls, so so far, users are mostly male. The software still has many challenges to meet, such as attracting more female users by offering a wider variety of images. But there are already some user communities who exchange 3D creations or image data. An English version will be launched this summer. How will the tool be utilized by overseas users who are only used to reading manga? New developments are expected. 

Comipo

Text: ICHIMURA Masayo

[2011年7月号掲載記事]

田中圭一さん

絵が苦手でもマンガが描ける……そんな夢をかなえるソフト「コミPo!」が2010年12月に発売されました。関連本も続々と発売され、今年4月にはその斬新な発想が評価されて中小企業優秀新技術・新製品賞を受賞するなど、話題となっています。

このソフトを企画、製作したのは、コミPo!発売元のソフト制作会社、株式会社ウェブテクノロジ・コムに勤める田中圭一さん。田中さんは5本の連載を持つプロのマンガ家でもあります。近年、パソコンを使って作品を仕上げるマンガ家が増えていますが、実は田中さんはアナログ派。いまも手書きでマンガを描いています。

そんな田中さんがコミPo!を企画したのは、ビジュアルと吹き出し、というマンガの基本要素の持つ力に着目したためです。「文章だけでは伝えきれないものが、絵と吹き出しにすると、すっと頭に入っていく。でも、その手段が取れるのは、いままでは絵心のある人だけだったんですよね」。そこで絵とコマを用意し、あとは作り手が自由に作れるソフトを開発したのです。

コミPo!の使い方はとても簡単です。まず使いたいレイアウトを選び、そこにキャラクターを配置する。それだけです。あとはポーズをつけたり、表情を変えたり、吹き出しに文字をいれたりします。美少女がメインキャラクターではありますが、髪型を変更したり、顔にしわをつけることでおばあさんに「変身」させることもできます。キャラクターは3Dモデルなので、自由に角度を変えて表示することができ、まるで映画の中のアングルを決めているかのような楽しさを味わうこともできます。

このソフトが発売されたとき、ほかのマンガ家たちは比較的冷ややかに反応しました。ライバルが増えるのではないか、という恐れや、そもそもマンガというのはキャラクターを自分で描き起こすものではないのか、という反感を抱いたのです。マンガ誌の編集者も今後、コミPo!で描いたマンガが持ち込まれることを想定はしているものの、「誰が描いても同じ絵」ということがそもそもマンガなのか、と悩んでいます。

しかし、田中さんはこうした反応はデジタル音楽が誕生したときに、本物の楽器を使っていない音なんて音楽ではないという反発が起きたのと同じような現象だと感じています。「手書きマンガとコミPo!で描かれたマンガの良さは全く別物。今後コミPo!が主流になったとしても、手書きのものは存続するはずです」。

コミPo!は、ビジュアルと吹き出しという強みを生かして、プレゼンテーションや商品説明といったビジネスシーンでも利用されています。広島県三次市では、町おこしのため名産のゆずポン酢のパッケージ作成にこのソフトを使用しました。「コミPo!はただのツール。同じ絵柄でも作者ごとに個性がある仕上がりになる」という考えのもと、コミPo!で作成された画像の著作権はすべて作者に属することになっています。

現在はシチュエーションが学園中心で、キャラクターも萌え系美少女が主流と限られていることから、主なユーザーは男性です。今後は絵柄のバリエーションを増やして女性ユーザーを取り込んでいく予定です。すでに、ユーザー同士で自作の3Dアイテムや画像データを交換しあうなど、独自のコミュニティーも発展しています。今夏には英語版も発売される予定。これまで見るだけだったマンガを、海外の人がツールとしてどう使うのか。また新たな広がりが期待されます。

コミPo!

文・市村雅代

Leave a Reply