×
  • 丸亀製麺

    [From January Issue 2014] Priding itself on its handmade, fresh dishes, Marugame Seimen chain of self-service restaurants specializes sanuki-udon. These udon (noodles) have a characteristic…

    Read More
  • 地方を元気にするビジネス

    [From January Issue 2014] Unagi no Nedoko With 25% of its population over aged 65 as of 2013, Japan has entered the era of the…

    Read More
  • 黒に染めることで服が生まれ変わる

    [From January Issue 2014] PANDA BLACK -REWEAR PROJECT 2013- WWF Japan Though there’s growing interest in ecology in Japan, in reality, all kinds of things…

    Read More
  • 飛び散る火花から生まれる日本の刀

    [From December Issue 2013] Kajita-token Blades are useful for a variety of tasks in our daily lives: kitchen knives to cut raw fish up into…

    Read More
  • 何度も書いたり消したりできるペン

    [From November Issue 2013] PILOT Corporation If you want to change or rewrite what you’ve written in your schedule or memo pad, it’s not possible…

    Read More
  • 京都から発信する無言のパフォーマンス

    [:ja] [2013年11月号掲載記事] ART COMPLEX 京都市中京区で、口コミで人気を集めているエンターテイメント「ギア」が行われています。ビルのなかにある小劇場に入ると、本物の工場のようなセットが現れます。やがて舞台には5人のパフォーマーが登場し、様々な動きで物語を表現していきます。せりふは一言もありません。 時は、荒れてすさんでしまった未来社会。人間型ロボット「ロボロイド」が働き続ける元おもちゃ工場に、かつて工場の製品だった人形「ドール」がやってきます。お互いに交流をすることで、好奇心や遊びを体験し、少しずつ人間に近づいていきます。そんななか、事故がきっかけでロボロイドに危機が訪れます。1人残されたドールに変化が表れ、物語はドラマチックに展開していきます。 無言劇ですが、観客はユーモラスな動きに笑ったり、感動する場面では涙を流したりします。主催するART COMPLEXプロデューサーの小原啓渡さんは話します。「2010年にギアを制作しました。グローバルな催しをしたいと考えたとき、言葉の壁が一番大きいと思い、この形になりました。世代や国籍を超えて楽しめるものを目指しています」。 ギアではプロジェクションマッピングと呼ばれる、物体の形に合わせて映像投影するライトアップなど、最新の技術も使っています。振り付けは、ダンスカンパニー「コンドルズ」の主宰者として知られる近藤良平さんです。 世界大会で優勝するほどのダンサーやパントマイマーが何人も出演しています。しかし、ギアでは今までに経験したことのない動きや表現が求められます。最初は「どうしてこんなことをしなくてはいけないのか」という声が出演者から出たといいます。観客も10人程度という苦しい時期もありました。 小原さんは公演の内容にアンケートの声を積極的に取り入れるなど地道な努力を続けました。出演者も、自ら進んでアイディアを出すようになりました。ここではスタッフや出演者、観客までもが演出家です。そのかいあって2012年に始まった公演は2013年9月に400回公演を達成、来場者数は2万人を突破しました。 観客からは「言葉がなくても楽しめる。言葉がないからおもしろい」「技や仕掛けが効いていながら、最後には『人間』に感動する」といった声が届きます。外国人観光客からの感想で多いのは「今まで見たことのないパフォーマンスだ」というものです。「3歳の子どもが最後まで集中して見ていました」という声を受けて、3歳未満の子どもの入場も可能なキッズデーを設けました。 「京都にいくつもの小劇場ができたらうれしいです」と小原さんは話します。「将来的には、本場のブロードウエイでロングラン公演をしたいですね。日本人のロングラン公演はまだ前例がないので、挑戦したいです」。小原さんの夢は広がります。 ギア 文:瓦谷登貴子 [:en] [From November Issue 2013] ART COMPLEX “Gear,” a show…

    Read More
  • クリーンと省エネを両立させた地下工場

    [From October Issue 2013] Yamazaki Mazak Corporation Many products around us are made of parts which are shaped or bored metal and resin. A car,…

    Read More
  • 「全日本製造業コマ大戦」を制したZION

    ptember [From September Issue 2013] Shion Limited Company From precision parts used for airplanes and cars, to fountain pen nibs, Shion Limited Company in Mino…

    Read More
  • 100年使ってもらえる木のおもちゃ作りへかける思い

    [From September Issue 2013] Hokuju Co., Ltd. In 1989, KAN Yoshinori founded Hokuju Co., Ltd. in his home town, Kitami City, Hokkaido. It was in…

    Read More
  • バリエーション多様な「痛い」アイテム

    [From August Issue 2013] Over the past few years, various “itai” items, ranging from inkan (stamps), to cars, have gone on sale. “Itai,” which literally…

    Read More