• まんがやアニメが原作の専用劇場

    [:ja][2015年6月号掲載記事] ミュージカル「美少女戦士セーラームーン」 -Petite Étrangère- © T・P/MSM2014   2.5次元ミュージカル 2015年3月、東京・渋谷にアイア2.5シアタートーキョーがオープンしました。ここは、まんがやアニメ、ゲームを原作としていて、原作の雰囲気やキャラクターを忠実に再現する「2.5次元ミュージカル」を専門に上演する世界初の劇場です。 2.5次元の舞台芸術は近年日本で上演が増えていて、観客の数も増加しています。2013年には約160万人以上の人が観劇しました。2014年には日本2.5次元ミュージカル協会が設立され、各公演情報を一括して国内外に発信するなどの活動を始めました。専用劇場のオープンもこの協会によるものです。 協会の公式サイトには英語のページもあり、海外からもチケットを買うことができます。また、劇場にはウェアラブル端末による字幕システムが用意されています。公演によって字幕言語は変わりますが最大4ヵ国語が設定でき、観客はその中から選ぶことができます。 「人気のミュージカル『美少女戦士セーラームーン』を公演した際、すでに2~3割のお客様が外国の方でした。専用劇場のオープンにより、もっと多くの外国の方に舞台を見ていただきたいと思い、字幕システムの導入を進めました」と協会の広報を担当する遠田尚美さんは言います。「ウェアラブルなので役者から目を離さずに字幕をお読みいただけます」。 日本では1974年に「ベルサイユのばら」がミュージカル化されるなど、まんがやアニメを原作とした舞台芸術は以前からありました。「まんがやアニメを原作とした舞台芸術の歴史は意外と古いのです。でも、このジャンルの舞台芸術が認知され始めたのは2003年に上演されたミュージカル『テニスの王子様』といえます」と遠田さん。 この作品は原作の雰囲気を巧みに表現してまんがファンに歓迎されました。球の動きをスポットライトで表現するなどの演出は演劇ファンにも好評でした。「まんがの世界を舞台上に表現するための『変換』がうまくいった良い例でした」と遠田さん。国内外においてまんがやアニメに対する評価が上がったこともあり、原作らしさを追求した作品が増えました。そして「2.5次元」という呼び方が生まれました。 「役者は原作のキャラクターをまねするというよりも、そのキャラクターの持つイメージを損なうことなく演じ、演出家も原作の世界観を舞台上に再現します。だからこそ観客は想像力を刺激され、欠けている部分を空想で補って原作そのもののシーンを舞台上に見るのです」と遠田さん。2.5次元ミュージカルは、「ライブ・スペクタクル NARUTO -ナルト-」がマカオ、マレーシア、シンガポールでも上演されるなど、今後は積極的な海外進出も予定されています。 一般社団法人日本2.5次元ミュージカル協会 文:砂崎良[:en][From June Issue 2015] Pretty Guardian Sailor Moon:…

    Read More
  • 日本のアイドル文化を世界へ発信

    [:ja][2015年6月号掲載記事] TOKYO IDOL PROJECT 2015年3月、日本のアイドル文化を国内外へ発信する「TOKYO IDOL PROJECT」がスタートしました。フジテレビ、コンテンツ事業局アカウントプロデューサー、濵田俊也さんは記者会見で話しました。「アイドルの魅力をアイドルファンの方だけでなく一般の方にもお届けし、2020年の東京オリンピックに向けて日本と東京の盛り上がりをお手伝いしたいです」。 記者会見には、でんぱ組.inc、アイドリング!!!、ベイビーレイズJAPAN、Negicco、HKT48の5組のアイドルも出演して歌を披露しました。そして、「日本各地にすばらしいアイドルがたくさんいるということを伝えたい」「アイドルを通して日本のよさを知ってもらいたい」と抱負を語りました。 日本の芸能界では多くのアイドルが活躍しています。たいていは2人組から数十人の女の子または男の子のグループです。美しさや歌、ダンスのうまさより、かわいらしさや親しみやすさ、がんばっている様子が人気となる傾向があります。最近は、特定の商品や地域のPRを目的とするご当地アイドルも各地にいて、アイドルの活動はますます多彩になってきています。 日本のアイドルファンの特徴は、パフォーマンスを見るだけでなく、好きなアイドルがより有名になることやグループ内で昇格することを熱心に応援することです。そのため、ファンを対象とした握手会などのイベントには多くの人が集まり、テレビで生放送されるほど規模が大きくなることもあります。アイドルやそのファンが起こすムーブメントは日本のポップカルチャーの一つとなり、外国、特にアジアでも人気が高まっています。 TOKYO IDOL PROJECTは、このようなアイドル文化をより盛り上げるために始まりました。アイドルの活動や魅力をテレビ、ウェブ、雑誌、新聞、ラジオなどさまざまなメディアで伝えます。取り上げられるのは主に女性アイドルで、主要コンテンツは現在のところ4点です。 その一つ「TOKYO IDOL FESTIVAL」は2010年から行われている大規模なアイドルイベントです。2014年は138組のアイドルが出演し、4万人以上の観客が集まりました。今年は8月1日と2日に東京のお台場で開催されます。 TOKYO IDOL PROJECT LIVEはTOKYO IDOL PROJECTの基幹コンテンツで、毎月日本の各地で行われる予定です。TOKYO IDOL WEBは記事の掲載やライブの動画配信などを行う世界最大級のアイドルポータルサイトです。コラムニストによるアイドル論を載せるなどアイドルの再定義を目的としているのが特徴です。TOKYO IDOL…

    Read More
  • 沼津港深海水族館 シーラカンス・ミュージアム

    [:en][From June Issue 2015] This aquarium is the only one in the world that has coelacanth – so called living fossils that are protected by…

    Read More
  • 牛角

    [From June Issue 2015] Gyukaku, a chain of grilled meat restaurants, has 602 shops in Japan and additional branches overseas. Most are located near train…

    Read More
  • 母音で終わる日本語の歌は響きがきれい

    [From June Issue 2015] Nahid NIKZAD Singer, Presenter and Translator “An Islamic Revolution occurred in my native country in 1979. Although traditional songs kept being…

    Read More
  • 「はかる」を通して健康づくりに貢献

    [From June Issue 2015] Tanita In Japan, every household has a bathroom scale (health meter), and most nowadays keep track of your body composition. Besides…

    Read More
  • 日本語を楽しく学ぶ秘訣は友達をつくること

    [From June Issue 2015] Ari TAMAT “I like Japanese architecture. Buildings in Europe are regulated because of the history of its cities, but in Japan,…

    Read More
  • 強くなりたいと願う少年の物語

    [From June Issue 2015] Is it Wrong toTry to Pick up Girls in a Dungeon?, Cover of first issue Original story: OMORI Fujino. Illustration: Kunieda.…

    Read More
  • まんがやアニメが原作の専用劇場

    2.5-Dimensional Musicals In March, 2015, AiiA 2.5 Theater Tokyo opened in Shibuya, Tokyo. It is the world’s first theater dedicated to “2.5-Dimensional Musicals,” that is…

    Read More
  • 国際的な写真祭

    Shinichi Suzuki II, Tea Ceremony, 1880’s © MNAAG.   “KYOTOGRAPHIE: Kyoto International Photography Festival 2016” is held in Kyoto City from April 23 to May…

    Read More