まんがやアニメが原作の専用劇場

[:ja][2015年6月号掲載記事]

201506-3

ミュージカル「美少女戦士セーラームーン」
-Petite Étrangère- © T・P/MSM2014


 
2.5次元ミュージカル
2015年3月、東京・渋谷にアイア2.5シアタートーキョーがオープンしました。ここは、まんがやアニメ、ゲームを原作としていて、原作の雰囲気やキャラクターを忠実に再現する「2.5次元ミュージカル」を専門に上演する世界初の劇場です。
2.5次元の舞台芸術は近年日本で上演が増えていて、観客の数も増加しています。2013年には約160万人以上の人が観劇しました。2014年には日本2.5次元ミュージカル協会が設立され、各公演情報を一括して国内外に発信するなどの活動を始めました。専用劇場のオープンもこの協会によるものです。
協会の公式サイトには英語のページもあり、海外からもチケットを買うことができます。また、劇場にはウェアラブル端末による字幕システムが用意されています。公演によって字幕言語は変わりますが最大4ヵ国語が設定でき、観客はその中から選ぶことができます。
「人気のミュージカル『美少女戦士セーラームーン』を公演した際、すでに2~3割のお客様が外国の方でした。専用劇場のオープンにより、もっと多くの外国の方に舞台を見ていただきたいと思い、字幕システムの導入を進めました」と協会の広報を担当する遠田尚美さんは言います。「ウェアラブルなので役者から目を離さずに字幕をお読みいただけます」。
日本では1974年に「ベルサイユのばら」がミュージカル化されるなど、まんがやアニメを原作とした舞台芸術は以前からありました。「まんがやアニメを原作とした舞台芸術の歴史は意外と古いのです。でも、このジャンルの舞台芸術が認知され始めたのは2003年に上演されたミュージカル『テニスの王子様』といえます」と遠田さん。
この作品は原作の雰囲気を巧みに表現してまんがファンに歓迎されました。球の動きをスポットライトで表現するなどの演出は演劇ファンにも好評でした。「まんがの世界を舞台上に表現するための『変換』がうまくいった良い例でした」と遠田さん。国内外においてまんがやアニメに対する評価が上がったこともあり、原作らしさを追求した作品が増えました。そして「2.5次元」という呼び方が生まれました。
「役者は原作のキャラクターをまねするというよりも、そのキャラクターの持つイメージを損なうことなく演じ、演出家も原作の世界観を舞台上に再現します。だからこそ観客は想像力を刺激され、欠けている部分を空想で補って原作そのもののシーンを舞台上に見るのです」と遠田さん。2.5次元ミュージカルは、「ライブ・スペクタクル NARUTO -ナルト-」がマカオ、マレーシア、シンガポールでも上演されるなど、今後は積極的な海外進出も予定されています。
一般社団法人日本2.5次元ミュージカル協会
文:砂崎良[:en][From June Issue 2015]
201506-3

Pretty Guardian Sailor Moon: The Musical
-Petite Étrangère- © T・P/MSM2014


2.5-Dimensional Musicals
In March, 2015, AiiA 2.5 Theater Tokyo opened in Shibuya, Tokyo. It is the world’s first theater dedicated to “2.5-Dimensional Musicals,” that is theatrical productions based on manga, anime, and video game titles that faithfully recreate the original’s atmosphere and characters.
Recently 2.5-Dimensional theatrical productions are increasingly being staged in Japan and audience numbers are growing too. In 2013, about 1,600,000 people attended a 2.5-Dimensional performance. In 2014, the Japan 2.5-Dimensional Musical Association Secretariat was established and began its activities, performing tasks such as compiling and sending out information on all performances both within and outside Japan. The association also opened the dedicated theatre.
There is an English page on the association’s official website, and it’s possible to purchase tickets from outside Japan. In addition, subtitles are available through a wearable terminal at the theatre. Audiences can choose from a maximum of four optional languages, though the subtitle languages available do change depending on the performance.
“When the popular musical ‘Pretty Guardian Sailor Moon: The Musical,’ was staged, 20 to 30 percent of the audience was from outside Japan. When this dedicated theatre was opened, in the hopes of getting more foreigners to see our shows, we installed a subtitle system,” says TODA Naomi, head of PR. “Since it is wearable, it’s possible to read the subtitles without taking your eyes off the actors.”
In Japan, in 1974, works like “The Rose of Versailles” were adapted into musicals, since then there have been theatrical productions of original manga and anime. “There is a long history of manga and anime being adapted into theatrical productions. But the genre only started to gain wider recognition when the ‘MUSICAL THE PRINCE OF TENNIS’ was staged in 2003,” says Toda.
This musical was well-received by fans of the manga, for its skillful recreation of the original work’s atmosphere. It also went down well with theatrical fans for the production effect of showing the movement of a ball with a spotlight. “It was a good example of how the world of manga could be successfully adapted for the stage,” says Toda. As the appreciation of both manga and anime rose at home and abroad, the number of adaptations that stayed faithful to the original increased. This resulted in the birth of the so-called “2.5-Dimensional” genre.
“Rather than mimicking characters, actors play these parts by trying not to undermine the image of the characters in the original work. The director also does his best to recreate the world shown in the original work on the stage. And that’s why the audience’s imaginations are stimulated to fill in the blanks, thus enabling them to visualize the original work on the stage,” says Toda. The 2.5-Dimensional Musical, “Live Spectacle NARUTO” is scheduled to be staged in Macao, Malaysia, and Singapore. Plans to promote this genre to the overseas market are advancing.
The Japan 2.5-Dimensional Musicals Association Secretariat
Text: SAZAKI Ryo[:]

Leave a Reply