シェアハウスは日本語の勉強に最適

[From November Issue 2013]

201311-7

Melodie ALRIC

“It’s been exactly a month since I came to Japan. I can’t speak Japanese yet and it’s frustrating. But at the same time, it also gives me an incentive to study harder,” Melodie ALRIC from France says cheerfully. Melodie is 20 years old and a student at the University of Lyons. She’s been studying the Japanese language for two years. “In my college, the emphasis was on reading and writing. So even if I can communicate with my Japanese friends on Facebook, I can’t talk to them face to face,” she laughs.

Melodie became interested in Japan and the Japanese language through Japanese anime and manga which she became familiar with from a young age. “Naturally I saw and read them in French. I loved a manga called ‘NANA.’ I also found “MONSTER” interesting because it’s set in Germany and has scenes where the main character, who’s Japanese, prepares Japanese dishes for Germans.”

Melodie also gradually became interested in Japanese culture and history. “Japan’s culture and history are completely different from France’s. That’s why I wanted to know more and took Japanese language classes. There’s a student exchange program between the University of Lyon’s and Japan’s Musashi University. I used it and came to Japan with a plan to stay for a year.”

Because of the exchange program between the universities, there’s no need to pay tuition at Musashi. For a place to live, she chose a shared house near the university after consulting with Tulip Estate, an organization that manages many women-only shared houses and actively welcomes non-Japanese. The living room and kitchen are shared. The rent including utilities is 59,000 yen a month.

“The room is small but private. As we are all women, I feel safe. Another good thing is I can walk to the university and have no transportation expenses. We’re now six or seven in the house and everyone else is Japanese, so it’s the best environment for studying Japanese. When there’s some word I don’t understand, they all explain it to me by writing kanji or drawing images.”

“Because I’ve just arrived in Japan, I needed an extra 1,000 euros this month. I had to pay some insurance fees,” says Melodie. “From now on, I think I’ll only need from 800 to 900 euros a month. It’s for the rent, eating expenses, money to go out with friends and what have you.” She has saved about 4,000 euros because she wants to travel. Her parents gave her 3,500 euros for expenses for September through to December.

In Japan, she strolls around visiting different neighborhoods or museums. “Unlike France where shops are closed on Sunday, convenience stores are always open and handy,” says Melodie.

Melodie likes traveling and wants to work in the travel industry in the future. “I’d like to plan out trips for leisure and business people and organize events.” She intends to travel around and see a lot of Japan in her one year here. “I’m now planning a trip to Kyoto. I want to travel around Japan from Hokkaido to Okinawa.”

Tulip Real Estate Co., Ltd.

Text: SAZAKI Ryo

[2013年11月号掲載記事]

201311-7

メロディー・アルリックさん

「日本に来てちょうど1ヵ月になります。日本語がまだあまり話せなくてもどかしいです。でも同時に、もっと勉強しようという気もわいてきますね」と、フランス人のメロディー・アルリックさんは明るく話します。メロディーさんは今20歳、リヨン大学の学生です。2年前から日本語を勉強しています。「大学では読み書きの勉強が中心でした。だから日本人の友達とFacebookではコミュニケーションできるのに、対面では話せないんです」と笑います。

メロディーさんが日本や日本語に興味を持ったのは、小さいころから日本のアニメやまんがにふれていたからです。「もちろんフランス語で見たり読んだりしたのですが、『NANA』というまんががとても好きでした。『MONSTER』は舞台がドイツで、日本人の主人公がドイツ人に日本料理を作ってあげたりする場面があるので、これもおもしろいと思いました」。

メロディーさんは次第に、日本の文化や歴史などにも興味を持つようになりました。「日本の文化や歴史はフランスとまったく違います。だからもっと知りたいと思って、日本語の授業を取りました。リヨン大学と日本の武蔵大学の間には交換留学生プログラムがあります。それを利用して1年間の予定で来日しました」。

大学同士の交換プログラムなので、武蔵大学に授業料を払う必要はありません。住む場所は、女性専用シェアハウスを多く運営していて外国人の受け入れにも積極的なチューリップ不動産に相談。大学近くのシェアハウスにしました。リビングや台所は共用で、家賃は光熱費も入れて月に5万9千円です。

「部屋は小さいですが個室です。女性ばかりなので安心ですし、大学には歩いていけるので交通費がかからないのもいい点です。今は6~7人が入居していて、私以外はみな日本人なので日本語の勉強に最適です。わからない言葉があると、みんなが漢字を書いたり絵を描いたりして説明してくれるんですよ」。

「今月は、来日したばかりなので1,000ユーロくらいお金が余分に必要でした。保険を払ったりしなければならなかったので」とメロディーさん。「今後は、毎月800~900ユーロくらいで済むと考えています。家賃や食費、友達と遊びに行くお金などですね」。旅行をしたいと思っていたので、約4,000ユーロ貯めていました。また両親も9~12月までの費用として、3,500ユーロくれました。

日本ではあちこち歩いたり博物館などへ行ったりしています。「日曜日にはお店が閉まってしまうフランスと違って、コンビニがいつも開いているのは便利ですね」とメロディーさん。

メロディーさんは旅行が好きで、将来は旅行業界で働きたいと思っています。「レジャーの旅行やビジネスパーソンの出張、そしてイベントを企画したいですね」。この1年の間に、日本の国内をたくさん見て回るつもりです。「今、京都旅行を計画しています。日本を北海道から沖縄まで旅したいです」。

チューリップ不動産

文:砂崎良

Leave a Reply