日本語がうまくなるコツは「好きになること」

201309-7

[From September Issue 2013]

Fredrik NYBERG

Fredrik NYBERG has been studying the Japanese language for just ten months. Arriving from Norway in October 2012 at the age of 23, he enrolled in a Japanese language school called Yokohama International Education Academy. “Japan is fun because it’s so different from Norway,” he says, his eyes lighting up.

It was manga that piqued his interest in Japan. “In Norway, English translations of Japanese manga are sold in bookstores. I started reading them when I was about 20 and began dreaming of coming to Japan.” Worried about the aftermath of the nuclear power plant disaster, his mother tried to dissuade him, but he managed to convince her by explaining that “it is safe now.”

Working as a car mechanic since the age of 17, Fredrik had savings of 2.5 million yen. Though he isn’t currently employed, he gets by on his savings and a monthly scholarship of 48,000 yen from the Japan Scholarship Foundation, an independent administrative corporation. He lives in a one room apartment in the school’s dormitories.

“I need about 120,000 yen a month,” says Fredrik. “My rent is around 60,000 yen. Other than that, I spend roughly 60,000 yen on leisure and eating. I almost always eat out, so it ends up costing a little bit too much.” However, since he found himself a Japanese girlfriend he’s been cooking more frequently. “She comes to my place on weekends. I cook Norwegian, she does Japanese and we eat together.”

Fredrik lives in Yokohama, but he often spends his free time in Tokyo. “In Tokyo, I like places such as Ueno, Akihabara and Shibuya. I like Minato-Mirai in Yokohama. There are many other places I like.” He’s been on domestic trips, too: to Matsumoto (Nagano Prefecture) and Atagawa (Shizuoka Prefecture).

He’s enjoying his life in Japan, but even so, there are some things that bother him. “Japanese dishes often have seafood in them. I can’t eat them because I am allergic.” Also, when he wasn’t familiar with Japanese customs, he was shocked to see Japanese slurping ramen. In addition, he was reprimanded at a hot spring resort for breaking one of the rules.

How did he make such rapid progress in Japanese in only ten months? “I have four hours of class a day at school. Recently we’re mainly preparing for exams. I also study for about an hour at home,” says Fredrik. His hobbies have been useful for his studies. “I learned kanji reading novels and manga. I like TEZUKA Osamu and ‘Ashita no Joe’ manga, and I love MURAKAMI Haruki’s novels. As for anime, I love works by Studio Ghibli. I love and often watch variety programs on TV. I have difficulties with grammar, honorifics and especially the difference in particles between, “は, が, を, に,” so I’m listening to recordings on my iPod.”

In the future, Fredrik says he wants to study game or web design. “I’d like to obtain the N1 level of the JLPT (Japanese Language Proficiency Test) before graduating from my Japanese language school, but it’s unlikely,” he says, scratching his head.

Yokohama International Education Academy

Text: SAZAKI Ryo

201309-7

[2013年9月号掲載記事]

フレデリック・ニューベルグさん

フレデリック・ニューベルグさんは、日本語を勉強し始めてまだ10ヵ月です。2012年10月、23歳のときにノルウェーから来て、横浜国際教育学院という日本語学校に入りました。「日本はノルウェーと全然違うのでおもしろいです」と目を輝かせます。

フレデリックさんが日本に興味を持ったのは、まんががきっかけでした。「ノルウェーの本屋では英訳された日本のまんがが売られています。20歳ごろから読むようになって、日本へ行きたいと思い始めました」。母親は原発事故の影響を心配して止めましたが、フレデリックさんが「もう安全だから」と説明すると納得してくれました。

フレデリックさんは17歳のときから車を修理する仕事をしていたので貯金が250万円ありました。今はアルバイトはしていませんが、その貯金と、独立行政法人日本学生支援機構から支給される月額4万8千円の学習奨励費で生活しています。住んでいるのは学校の寮で、ワンルームマンションです。

「一ヵ月にだいたい12万円くらい必要です」とフレデリックさん。「家賃が約6万円、遊びや食事でも6万円くらい使います。ほとんど外食なので食費が少し高くなってしまいますね」。でも日本人の彼女ができてからは、料理をすることが増えました。「週末は彼女が来ますから、僕はノルウェー料理、彼女は日本料理を作って一緒に食べるんですよ」。

フレデリックさんは横浜に住んでいますが、東京へもよく遊びに行きます。「東京で好きな場所は上野、秋葉原、渋谷です。横浜ではみなとみらいが好きです。好きな場所は他にもたくさんあります」。国内旅行で松本(長野県)や熱川(静岡県)にも行きました。

日本の生活を楽しんでいますが、それでも困ることはあります。「日本料理にシーフードが多いことです。僕はアレルギーで食べられないんです」。また、日本の習慣をよく知らなかった頃は、日本人がラーメンを音をたててすするのを見て驚いたり、温泉でのマナーを破って注意されたり、ということもありました。

わずか10ヵ月で日本語が上手になった秘密は何でしょうか。「学校では1日に4時間授業を受けます。最近は試験対策が中心で、自宅でも1時間くらい勉強します」とフレデリックさん。また、趣味も勉強に役立ちました。「漢字は小説やまんがを読んで覚えました。まんがでは手塚治虫や「あしたのジョー」、小説では村上春樹が大好きです。アニメではジブリ作品、テレビではバラエティー番組が大好きで、よく見ています。文法や敬語、特に「は、が、を、に」など助詞の区別は苦手なので、iPodでいつも聞くようにしました」。

将来はゲームやウェブなどのデザインを勉強したいと話すフレデリックさん。「日本語学校を卒業する前にJLPT(日本語能力試験)のN1が取れたらいいなと思いますが、無理でしょうね」と頭をかきました。

横浜国際教育学院

文:砂崎良

Leave a Reply